logo

吹雪 型 駆逐 艦。 響 (吹雪型駆逐艦)とは

【No.06】1/700 特型駆逐艦 吹雪 製作記

1944年(昭和19年)1月1日:第一水雷戦隊に転属。 雷撃により防空巡洋艦1轟沈、砲撃により防空巡洋艦1中破、巡洋艦1小破という戦果を報告した。 142• ただし、は苦手の様子。 セミノールとYP-284は、接近してきたのが日本駆逐艦だと知ると陸揚げ作業を打ち切り、直ちに逃亡を開始する。 中佐:1933年1月30日 - 1934年8月1日• 工事期間の短さから、二番砲塔の撤去については実施されなかったと推定されている。

Next

日本海軍 特(吹雪)型 駆逐艦 叢雲 新装備セット付 ピットロード プラモデル

C08030769100『昭和18年1月1日〜昭和18年1月31日 第7戦隊戦時日誌 1 』。 192-194• 船体 全長は. この間の4月1日、第六駆逐隊は新編成の第十一水雷戦隊(少将)に編入される。 7cm連装砲D型改二x2、対水上電探 改修が実装されているので改修済みならば どの艦娘でも問題なく使えます。 特型駆逐艦は太平洋戦争が始まった頃には既に旧式化していたため艦隊運用の足かせになっていたという一面もあります。 324. 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 木俣滋郎『日本軽巡戦史』図書出版社、1989年3月。 1932年(昭和7年)4月1日に解隊した樺型駆逐艦4隻からなる先代に続く四代目の第六駆逐隊である。

Next

日本海軍 特(吹雪)型 駆逐艦 叢雲 新装備セット付 ピットロード プラモデル

夕立駆逐艦長中佐指揮のもと「夕立、初雪、叢雲」はルンガ泊地に突入し、駆逐艦()「」と「」を撃沈した。 59頁『九月七日』• 雷の沈没位置は と記録されている。 しかし、が緊迫化するに伴って、8月28日付で第三艦隊配属となり、第6駆逐隊は南方へ回ることとなった。 2『那珂 四水戦 1255 初雪ノ溺者ニ鑑ミ人ヲ落サザル様一層厳重ナル注意ヲナセ此ノ際油断大敵ナル事ヲ銘記セヨ』• 7月14日、第7駆逐隊は直属部隊となる。 297. 第7駆逐隊が2隻となってからの駆逐隊最初の任務は、大破した空母「雲鷹」の護衛任務だった。 荒天時、被った大波の衝撃を受け流して凌波性を高める目的で設けられたウェル・デッキだったが、大正12年2~3月に行われた南洋群島での演習では「効果不良」とされていた。 317-318連合軍の反撃ならず• 331-333船団輸送の中止とその波紋• 平塚四郎 中佐:1932年3月1日 - 艦長• 1935年(昭和10年)11月15日:第二艦隊第二水雷戦隊。

Next

【艦これ】駆逐艦の主砲フィット補正と艦型別おすすめ装備まとめ

軽巡洋艦、第十一駆逐隊(「吹雪」など駆逐艦4隻)、駆逐艦1隻は陸軍先遣隊船団(輸送船8隻)を護衛して2月9日にカムラン湾から出撃した。 416-420• Ref. Ref. :1~4番の「」艦4人が史実で組成していた駆逐隊。 258• 101• II - おぼろ 竣工1931年10月31日(佐世保海軍工廠) 1942年10月17日、北東方水域にて空襲を受け沈没した。 慰霊碑 [ ] にあるには雷乗員の慰霊碑が建立されている。 関連項目 [ ]• 140• 『』 Ref. 1953年2月20日には老朽化を理由に除籍 、1970年代に海軍航空隊の標的艦として処分、ウラジオストク沖の岸に眠っている。 1-2『内令第千八百二十四号 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十七年十月一日 海軍大臣 嶋田繁太郎|第二十驅逐隊ノ項ヲ削ル 第三十驅逐隊ノ項中「睦月」ヲ削ル 第三十一驅逐隊ノ項中「巻波」ノ下ニ「、高波」ヲ加フ』• 帰路、電はB-24と交戦して撃墜されたの搭乗員を救助した。 565• 主砲 [ ] 詳細は「」を参照 日本海軍の駆逐艦として初めて12. 翌日、7駆第1小隊(潮、曙)は第五戦隊(妙高、羽黒)直衛として行動。

Next

響 (吹雪型駆逐艦)

『空白の戦記』新潮社、1981年4月(原著1970年)。 これに対し白雪がを照射しつつ砲撃をおこない、ヴァンパイアを撃退した。 27日は天候不良のため基地航空部隊(第十一航空艦隊)のガ島空襲が不徹底だったうえ、の戦闘機隊約30機が28日以降基地に進出予定であった。 8-9『 二 麾下艦船ノ行動』• C13072076400• その途中の3月18日には、近海でアメリカの潜水艦 USS Gunnel, SS-253 から発見されるが、ガンネルも9,000ヤードより距離を縮めることができず、電は響と共同で16発の爆雷を投下してガンネルを追い払った。 その他の分類として、駆逐隊は4隻単位で本型の艦名も4隻ごとになっているので、吹雪から4隻ごとに 雪級、 雲級、 波級、 霧級とする分類も見られた ほか、吹雪型を16隻とし、後期型8隻(朧、曙、潮、漣、響、雷、電、暁)を 朧型とする場合もあった。 なお、吹雪型はすでに3隻体制に移行していたため、暁が所属するのは1939年(昭和14年)11月15日になってからである。 佐藤慶蔵 中佐:1932年8月15日 - 1932年11月15日• ・による性能改善工事により、艦橋の小型化、魚雷発射管位置の変更等、事件の前後で最も艦容が変わった特型駆逐艦である。

Next

初雪 (吹雪型駆逐艦)

しかし、日本機に発見されて潜航する。 1933年(昭和8年)11月15日:駆逐隊編成改定、叢雲・薄雲・白雲の編成に戻り、東雲は第二十駆逐隊(I)へ移動。 8『内令第三百八十八號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十九年三月一日 海軍大臣 嶋田繁太郎|第九驅逐隊ノ項中「霞」ノ下ニ「、不知火」ヲ加フ|第十九驅逐隊ノ項中「敷波」ノ下ニ「、天霧」ヲ加フ』• 591• 下巻p. 戦後複写版共 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 70、、2010年8月10日。 田村俊夫の調査によると太平洋戦争開戦時にはI型は13mm連装機銃1基に換装、II型以降は1基追加され2基装備と推定されている。 , p. 全7隻:退役 ・・・「いそなみ」、「うらなみ」• Ref. ある意味吹雪らしいといえばらしい。 , pp. 生存者の中には第六駆逐隊関係者も含まれ、第六駆逐隊の軍医長であり(昭和27年)に「」 を発見した藤原元典もその一人である。

Next