logo

エナラプリル マレイン 酸 塩 錠。 エナラプリルマレイン酸塩錠2.5mg「MEEK」

エナラプリルマレイン酸塩錠5mg「フソー」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

持病やアレルギーのある人は医師に伝えておきましょう。 ] 高齢者[「高齢者への投与」の項参照] 重要な基本的注意 両側性腎動脈狭窄のある患者又は片腎で腎動脈狭窄のある患者においては、腎血流量の減少や糸球体ろ過圧の低下により急速に腎機能を悪化させるおそれがあるので、治療上やむを得ないと判断される場合を除き、使用は避けること。 腎障害• デキストラン硫酸固定化セルロース、トリプトファン固定化ポリビニルアルコール又はポリエチレンテレフタレートを用いた吸着器によるアフェレーシスを施行中の患者(「 相互作用」の項参照)• 溶出性 エナラプリルマレイン酸塩錠10mg「タイヨー」の溶出性は、日本薬局方に定められた規格に適合していることが確認されている。 2.その他の副作用:次のような症状又は異常が現れた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。 予後改善効果(長生き)についても、長期臨床試験により証明されています。 以下にあてはまる方は、• 後天性血管浮腫• 6).膵炎:血中アミラーゼ上昇、血中リパーゼ上昇等が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、直ちに適切な処置を行う。

Next

エナラプリルマレイン酸塩錠5mg「サワイ」

7.降圧作用に基づく眩暈、ふらつきが現れることがあるので、高所作業、自動車の運転等危険を伴う機械を操作する際には注意させる。 エナラプリルマレイン酸塩錠10mg「MEEK」 エナラプリルマレイン酸塩錠10mg「MEEK」は、「含量が異なる経口固形製剤の生物学的同等性試験ガイドライン」に基づき、エナラプリルマレイン酸塩錠5mg「MEEK」を標準製剤としたとき、溶出挙動が等しく、生物学的に同等とみなされた。 4).急性腎障害:定期的に検査を実施するなど、観察を十分に行う。 その他: 頻度不明 耳鳴、筋肉痛、低血糖、倦怠感、ほてり、発熱、潮紅、口渇、味覚異常、疲労、脱力感、しびれ、インポテンス、血清ナトリウム値低下。 過量投与 過量投与時にみられる主な症状は過度の低血圧であるが、これに対しては生理食塩液の静脈注射等適切な処置を行う 本剤の活性代謝物は血液透析により血中から除去できるが、但し、アクリロニトリルメタリルスルホン酸ナトリウム膜 AN69 を用いた血液透析を行わない。 5mg「MEEK」の注意が必要な飲み合わせ 薬剤名 影響 アリスキレン 非致死性脳卒中、腎機能障害、高カリウム血症、低血圧 アンジオテンシン2受容体拮抗剤 腎機能障害、高カリウム血症、低血圧 カリウム保持性利尿剤 血清カリウム値が上昇 スピロノラクトン 血清カリウム値が上昇 トリアムテレン 血清カリウム値が上昇 カリウム補給剤 血清カリウム値が上昇 塩化カリウム<補給剤> 血清カリウム値が上昇 トリメトプリム 血清カリウム値が上昇 スルファメトキサゾール・トリメトプリム 血清カリウム値が上昇 リチウム製剤 中毒 炭酸リチウム 中毒 降圧利尿剤 一過性の急激な血圧低下 利尿剤 一過性の急激な血圧低下 ヒドロクロロチアジド 一過性の急激な血圧低下 カリジノゲナーゼ製剤 過度の血圧低下 交感神経遮断剤 降圧作用が増強 硫酸グアネチジン 降圧作用が増強 ニトログリセリン 降圧作用が増強 非ステロイド系抗炎症剤 降圧作用が減弱、更に腎機能が悪化 インドメタシン製剤 降圧作用が減弱、更に腎機能が悪化 リファンピシン類 降圧作用が減弱 インスリン製剤 アンジオテンシン変換酵素阻害剤を投与することにより低血糖 経口血糖降下剤 アンジオテンシン変換酵素阻害剤を投与することにより低血糖. 5.慢性心不全(軽症〜中等症)の場合: 1).慢性心不全(軽症〜中等症)の場合、ジギタリス製剤、利尿剤等の基礎治療剤で十分な効果が認められない症例にのみ、本剤を追加投与する。

Next

エナラプリルマレイン酸塩錠2.5mg「MEEK」 エナラプリルマレイン酸塩錠5mg「MEEK」 エナラプリルマレイン酸塩錠10mg「MEEK」

2).重症慢性心不全に対する本剤の有用性は確立されていない(使用経験が少ない)。 • 2.外国において、本剤服用中の患者が膜翅目毒<ハチ毒>による脱感作中にアナフィラキシーを発現したとの報告がある。 腎機能障害• 血管浮腫:呼吸困難を伴う顔面腫脹、舌腫脹、声門腫脹、喉頭腫脹を症状とする血管浮腫が現れることがあるので、このような場合には直ちに投与を中止し、アドレナリン注射、気道確保等適切な処置を行う。 高カリウム血症..だるい、息切れ、脈の乱れ、手足のしびれ、不安感、取り乱す、けいれん。 結論から言ってしまうと、先発品とジェネリックはほぼ同じ効果・効能だと考えて問題ありません。 デキストラン硫酸固定化セルロースを用いた吸着器によるアフェレーシス施行中• 5mgから投与を開始することが望ましい• 一般名同一薬剤リスト• 片腎で腎動脈狭窄• 妊婦・産婦• この作用を利用してACE阻害薬は誤嚥予防に用いられる事もあるのです。

Next

エナラプリルマレイン酸塩錠10mg「杏林」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

血管浮腫の既往歴のある患者 アンジオテンシン変換酵素阻害剤等の薬剤による血管浮腫、遺伝性血管浮腫、後天性血管浮腫、特発性血管浮腫等 [高度呼吸困難を伴う血管浮腫を発現することがある]。 5).汎血球減少症、無顆粒球症、血小板減少:重篤な血液障害が現れることがあるので、定期的に検査を実施するなど、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、直ちに適切な処置を行う。 73m2未満の腎機能障害のある患者へのアリスキレンとの併用については、治療上やむを得ないと判断される場合を除き避けること。 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。 更にACE阻害薬はブラジキニンの代謝を阻害するため、ブラジキニンの蓄積が起こるとの考えが報告されている。

Next

◆エナラプリルマレイン酸塩錠「杏林」(旧名称:ファルプリル錠)|人体用医薬品|動物医療関係者の通販サイト ペピイベット(PEPPYvet)【旧 ベッツワン】

降圧剤の中でもACE阻害薬という種類に属します。 アリスキレンを併用• 但し、腎障害を伴う患者又は利尿剤投与中の患者では2. 重要な基本的注意• エナラプリルマレイン酸塩より前に発売されていたACE阻害薬の「カプトリル(一般名:カプトプリル)」は構造上SH基(チオール基)を持つため、味覚異常(味覚がおかしくなる)が生じる事があり、問題となっていました。 薬剤による血管浮腫• 鎮痛薬との併用により、この薬の降圧作用が弱まる可能性があります。 高カリウム血症• 高カリウム血症• 73㎡未満の腎機能障害でアリスキレンとの併用については、治療上やむを得ないと判断される場合を除き避ける。 決められた飲み方、服用量を守ってください。 長期投与 上限日数 無し 先発品との 効能効果の 差異 無し 診療報酬上 の後発 医薬品 YES 品質再評価 終了状況 品質再評価 終了状況 コメント 薬価基準 収載 年月日 2020年06月19日 発売年月日 2011年06月24日 原薬製造国 日本. 慎重投与• 2.高カリウム血症の患者。

Next

エナラプリルマレイン酸塩錠5mg「サワイ」

3mm 重量 (mg) 約100mg 箱写真 カプセル 号数 pH 浸透圧比 内用外用 注射区分 内用 識別コード (包装) KW078 包装• 73㎡未満の腎機能障害でアリスキレンとの併用については、治療上やむを得ないと判断される場合を除き避ける。 利尿降圧剤、利尿剤 ヒドロクロロチアジド [初回投与後、一過性の急激な血圧低下を起こすことがある 利尿降圧剤服用中の患者では、ナトリウム利尿により血中レニン活性が上昇し、本剤の降圧効果が増強することがあるので、本剤より先に利尿降圧剤投与中の患者 特に最近投与を開始した患者 には特に注意する ]。 このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。 ARBはACE阻害薬と比べて空咳が生じにくいなどのメリットもありますが、一方で薬価が高いというデメリットもあります。 本剤はジギタリス製剤、利尿剤等と併用すること。 実際に心不全の治療ガイドラインではACE阻害薬の使用は第一選択(まず最初に考慮されるべき薬物療法)となっています。 インドメタシンは血管拡張作用を有するプロスタグランジンE 2、I 2の生成を抑制するため、本剤のプロスタグランジン生成促進作用による降圧作用を減弱させる可能性があると考えられている。

Next

エナラプリルマレイン酸塩錠2.5mg「サンド」

まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。 73㎡未満の小児等に対する安全性は確立していない(使用経験がない)。 • ラジレスを投与中の糖尿病の方(非致死性脳卒中、腎機 能障害、高カリウム血症及び低血圧のリスクが高まる可能性がある) 妊婦さんに投与できないのは、妊娠中期及び末期にACE阻害薬を投与された際に、羊水過少症、胎児・新生児の死亡、新生児の低血圧、腎不全、高カリウム血症、頭蓋の形成不全及び羊水過少症によると推測される四肢の拘縮、頭蓋顔面の変形などが現れたとの報告があるためです。 • ほとんどARBに移行しており、ACEを使いたいときは使い慣れたものの方が安心できる。 〕 本剤投与中は授乳を中止させること。

Next