logo

カトレア 育て 方。 カトレアの育て方|ヤサシイエンゲイ

ミニカトレアの育て方や栽培のコツとは?

そこで、登場するのが水苔と洋ランの土です。 気高く豪華な花はラン界の女王にふさわしい 育て方 中南米に分布するラン科の植物です。 株分けの難点は、株分けすると株が傷んでいったん生育が衰えたり、新しくできるバルブが小さくなって花が咲かないことです。 初めて育てる場合は、比較的低温にも耐えるタイプから栽培するとよいでしょう。 <育て方> 置き場所:日光を好みますが直射日光は避けます。 鉢底から流れ出るまでたっぷりです。 基本データ 園芸分類 ラン 形態 多年草 原産地 中南米の熱帯・亜熱帯地域 草丈/樹高 20~60cm 開花期 3月~4月(春咲き)、5月~7月(初夏咲き)、9月~11月(秋咲き)、12月~3月(冬咲き) 花色 白,赤,ピンク,オレンジ,黄,緑,紫,茶,複色 栽培難易度 1~5 耐寒性 弱い 耐暑性 強い 特性・用途 常緑性,香りがある. 洋ランの土はそれだけで乾燥するので、プラ鉢の方が過剰に乾燥しすぎないので管理しやすくなるでしょう。

Next

カトレアの育て方!苗からの栽培や植え替え方法と時期は?

古いバルブ側を押しては、新芽側の水苔を押し込む。 植え替え、株分け準備 新芽が伸びる余裕のない株や、生育の思わしくない株などは、花が咲き終わった株から植え替え、株分けします。 29 姫路市立温室植物園にて カトレア ラン科 2017. カトレアの植え替えを実際にやってみた! この写真にあるのが、今回植え替える僕のカトレアです。 オーソドックスな『冬・春咲き』 春に出た新芽が秋に肥り、その後花芽が出てきて、冬から春に花を咲かせます。 秋咲き種は春暖かくなるにつれて、新芽を伸ばし始めます。

Next

洋ラン(洋蘭)の花言葉や育て方。種類や植え替えの時期や方法は?

ですから、夏を越させるようにする事で、再び綺麗な花を咲かせる可能性があります。 新芽の伸びる側に水苔を巻いていきます。 冬に乾き気味にするのは、低温で生長せずに生育期ほど水を必要としないからです。 プラスチック鉢+水ゴケだと乾きにくく、多湿になることがあります。 特徴にはこういったくちびるといった独特の花びらの形があります。 カトレアは高い木の上や岩などに自生する着生種のため、吊るして育てるのに適しています。

Next

初心者でも育てられる蘭の女王「カトレア」

交配種も多くあり、花の色が鮮やかで、香りのよいものがたくさんあるのも魅力です。 カトレアは葉っぱが乾燥に耐えられるように肉厚になっていますので、毎日水をやると根や茎が腐ってしまいます。 肥大する茎、厚みのある葉っぱ、太い根、など普通の草花と比べるとやや違った姿をしています。 ですから、育て方として重要になってくるのは、暑さを避ける事が重要になってきます。 というか、普通にお花屋さんに並ぶのはほとんどがミニカトレア。 夏場は、鉢を風通しの良い涼しい場所に置いておく事が大切です。 カトレアは夏はレースのカーテンで遮光するものですが、遮光しても日光にしっかりと当てないと生育しませんし開花もしません。

Next

カトレアの育て方☆初心者でもきれいな花を咲かせるコツ

バルブにしっかり栄養が蓄えられていれば、年末から早春にかけて花が咲いてくれるはず。 ピンセット 古い植え込み材料を、取り除くときに使用します。 その華やかな見た目は、魅力たっぷりですよね。 秋咲き品種 多くの秋咲きのもとになったのが、カトレア・ラビアータ、その他Bc. 受け皿に水が溜まっていたら水を捨てる ジョウロでやると鉢底から水が出てきます。 冬・春咲きの品種は、冬の間にある程度気温の高い環境に置き、バルブを育てる必要があります。

Next

ミニカトレアの育て方や栽培のコツとは?

分類 原種と交配種 野生のままの種を「原種」、異種同士を人工的に掛け合わせた種を「交配種」と呼びます。 寒さに弱いので、基本的に鉢植えにして、冬は室内に置きます。 分けるときは、最低でも3~4本バルブ(ふくらんでいる茎の部分)がついている状態で分けるとよいですよ。 逆に雨が降った時は水がたまるが、あっという間に水が乾き、乾燥状態が続くこともある。 <花が咲かない主な理由> ・バルブの成長が悪い バルブとはぷくっとした膨らみのある茎の事です。

Next