logo

ネモフィラ 育て 方。 青いジュータン!ひたち海浜公園のネモフィラ。春花壇も青く染めよう(≧▽≦)

空のように澄んだ青さを持つネモフィラ。ご自宅で育てて春を満喫しよう

矮性で、コンパクトにまとまりつつ、ふんわりと広がる草姿をしています。 育てるときの注意として、あまり神経質に考えて育てる植物ではなく、手はかからないですが、密集してしまって枯れてしまった葉や、咲き終わった花などが茎のところなどに込み合ってしまうと、丈夫な茎も枯れてしまったり蒸れてしまったりするので、こまめにきれいにしておくことが大事です。 育苗(いくびょう) 種まきが済んだら、 発芽するまでは土を乾かさないように注意します。 リムナンテスは目玉焼きのような色合いの可愛らしい花を咲かせます。 つまり花を咲かせて子孫を残すのは 「今しかない」のです。

Next

ネモフィラの育て方|種まきや苗の植え付け方法と時期は?

(7)増やし方 ネモフィラは移植を嫌うので、庭やプランターに直接まいて間引きしながら育てます。 この時上からじょうろなどで水をかけてしまうと種が流れてしまったりかけた土が流れ失敗することが多いので気をつけます。 鉢植えにする場合も、室内でなく屋外で育てるようにしましょう。 また和名が素敵で 「瑠璃唐草(るりからくさ)」という名前が付いているんです。 インシグニスブルー 【インシグニスブルー】 ネモフィラの中でも、一番多く栽培されている代表的な品種が、花弁の中央が白い「 インシグニスブルー」です。

Next

ネモフィラのプランターでの育て方!こぼれ種の取り方や増やし方は?

com まず、新聞紙を散らからないように広めに敷き植木鉢を置き鉢底の穴が隠れるようにビニール系のネットを敷きますがこのネットはホームセンターでとても安価で売っていますので1度購入すればしばらく使えますから購入しておきましょう。 (3)ステップ3: 水やり・肥料 乾燥気味の土壌を好みますので、水は土の表面が乾いてから与えましょう。 植え替え・植え付け 一年草のため、植え替えの必要はありません。 苗選び 苗から育てる場合は、ポットに入った苗を購入して植えつけしましょう。 ついつい心配になってプランターを室内に入れたくなりますが、 暖房のきいた室内に入れるのは禁物です。 ネモフィラの花言葉 ネモフィラには、 「あなたを許す」、「可憐」、「どこでも成功」、「清々しい心」、「初恋」などの花言葉があります。 鉢植えの場合は、市販されている草花用培養土を利用すると便利です。

Next

ネモフィラ(Nemophila)の特徴と花言葉

(4)ネモフィラ・マクラータ カリフォルニアの森林周辺に多く自生します。 また、乾燥気味の土壌を好むので、水は土の表面が乾いてから与えるようにしましょう。 ネモフィラ インシグニスブルー メージーシーの大輪系の変種で、青い花の中心に白のぼかしが入ります。 関連するページ ・ ・ ヤサシイエンゲイ 京都けえ園芸企画舎 すくーでりあY・A・E 2010 お問い合わせ. 花期になると、分枝した茎の葉の付け根から花柄を伸ばし、花径2~3㎝前後の花を咲かせます。 その姿からファイブ・スポットとも言われます。 もし苗についているのを発見したら、すぐに肥料と殺虫剤がひとつになった「 」で駆除しましょう。 最後までお読みいただきありがとうございます。

Next

ネモフィラの種まき〜開花までの育て方!栽培時期や病害虫の対策など|育て方Labo(育て方ラボ)

シックな色合いが特徴です。 日に当たることで花を咲かせるので日陰では全く花が咲かなくなってしまいます! ネモフィラは結構大きくなります。 小さい実ですが、顔を近づけてみるとすぐに見つけられますよ。 昔昔、ネモフィラという女性がいました。 英名は、青い花の中心が白いという花姿にちなんで名付けられました。 間引きながら「間隔がやけに広いな」と思うくらいがベスト。

Next

ネモフィラの育て方|ヤサシイエンゲイ

株間は15~20cm程度あけてください。 水やり 多湿の環境を嫌うので、土の表面が乾いて白くなってから水を与えましょう。 草丈はあまり高くなりませんが、細かく枝分かれして横方向によく茂ります。 日当たり・置き場所 日当たりのよい場所で育てます。 1株でもボリュームが出ますが、複数株植えると満開時は見事で花壇に適しています。 ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。

Next

ネモフィラの花言葉|花の種類や開花時期、見頃の季節は?

ネモフィラの可憐な花姿からは、少女の「初恋」を連想させ、 「どこでも成功」は、日当たりと水はけのよい場所ならよく育つため、どこでも根付きやすいことからきているようです。 株は大きくなって20cm以上の大きさになってくれるので、寄せ植え以外に単体でも育てるときれいです。 追肥は、生育期の成長を助けるために与える肥料のことです。 ややシビアに育てたほうがある程度大きさがコンパクトにまとまります。 ただし、花は種をつけると株が消耗して次々と花を咲かせなくなるので、開花期前半は花がら摘みをして長く楽しみ、そろそろ終わりを迎える頃に花がら摘みをやめて、サヤをつけさせるとよいでしょう。 その溝に1cmくらいの間隔を取って播きましょう。 しかし、ウドンコ病であれば枯れてきますし、葉の表面が白く粉をかぶったようになるので、斑点とは少し様子が違うため見分けがつくと思います。

Next