logo

惑星 直列。 惑星が勢ぞろい(2020年7月)

惑星直列、太陽系の惑星が一列に並ぶサイクル、周期の地球の影響

海王星が3公転する間に冥王星は2公転するのです。 天災であれば、もう色々なところで起きているような気がします・・・。 7惑星の直列はめったにあり得ないため、巨大地震、異常気象。 しかし惑星直列といっても全惑星は95度範囲にあるだけで直列とはとても言い難い現象です。 たとえば、1999年8月18日には、木星、土星が「おうし座」に、太陽、水星、金星が「やぎ座」に、火星、冥王星が「さそり座」に、天王星、海王星が「みずがめ座」に属する。 もちろん、正確な位置を調べておく必要があります。

Next

2020年の空模様【惑星直列~コンジャクション~】

(惑星が等間隔に配列している点では5月25日が興味深い) 2000年5月5日 2002年5月25日 2040年9月8日 将来はどうでしょうか。 「日食・月食祭り」については、以下の記事もどうぞ。 その、占星術でも重要な現象(というか不吉)とされる惑星直列ってどんな現象かご存じですか? これを見ると全然惑星直列じゃない!と思ってしまいますよね。 画像は「」より 今年7月4日、これまでにない大規模な惑星直列が起こることが判明。 惑星直列の意義 [ ] 『惑星直列』はそもそも天文学用語ではなく、科学的な意義はない。 ここを過ぎたら時代は戻ることはないと。 のが一列に並ぶ。

Next

惑星が勢ぞろい(2020年7月)

この状態を下の動画でご覧いただくことができますので、興味のある方はどうぞ。 物質的な権力を掌握した時代が終わりをつげ、 人間性に基づいた時代へと移行していくのは確かでしょう。 今回の2020年7月4日の惑星直列は、海王星と天王星を抜いた、水星、金星、地球、火星、木星、土星、おまけに惑星から除外されている冥王星を入れた直線ということになります。 しかし惑星直列といっても全惑星は95度範囲にあるだけで直列とはとても言い難い現象です。 で、気になるのは「 地球にどんな影響があるのか」という点ですね。 (参照):「」では、代表的な都市の星空の様子(惑星や星座の見え方)を簡単に調べることができます。 必ず当たります!. 何か、明日が惑星直列とか言われていますが、天王星と海王星は明後日の方向にいます。

Next

【黙示録の世界】7月4日は惑星直列でアメリカ独立記念日…

しかし、3個以上の惑星が完全に一直線に(例えば5度以内に収まるものとして)並ぶことは、過去10万年まで遡り、また2016年現在から10万年後まで測るとしても観測できない程まさに 天文学的な 確率でありまずあり得ない。 太陽系の惑星の公転周期は同じではなくさまざまなので、全惑星が正確に一列に並ぶことは、めったに起きない現象なのです。 今回はそこに2006年まで太陽系の第9惑星だった 冥王星が「ふっ、まさか俺の事忘れたわけじゃねぇだろうな。 逆にいえば、約12時間前や約12時間後は、東京からみて【図1】とは正反対にすべての惑星が「月」を除いて地球の裏側に隠れてしまうので、惑星が一つも観測できないことになります。 日食や月食も太陽に向かって1列にならんで起こる現象ではありますが 、2つの天体が太陽に対して直列することは惑星直列と呼ぶことはほとんどありません。 今回は、欲に言う「惑星のパレード」と言われるもので、7月21日の夜が一直線に夜空に並ぶそうです。 それがエネルギーの波として地球に届くわけですから、当然、太陽系のカケラである私達も、 宇宙から激しく揺さぶられることになります。

Next

2020年7月4日に惑星直列があるようですが 地球に何か影響はありま...

:が太陽系の全惑星と月を一直線に固定し、地球を永久に日食の状態にして気温を低下させ、人間を死滅させる神技「グレイテストエクリップス」を発動する。 もちろんおおかたの天文学者はそのような説を信じていませんでしたし、たとえ災害がおこってもそれは惑星直列とは無関係な現象だと考えていました。 それは、小さな私達のエゴが、この社会、この世界の中で、どうやって生き延びて、愛し合い、働き稼ぎ、よりよく過ごしていくのか、という、地球中心の視点です。 同時に、今回は日本では見られませんが、2020年3度目の月食となります。 惑星直列(planetary alignment)とは、太陽を中心に回っている地球を含む太陽系の惑星が、1列に並ぶ現象を言い、巨大や気候変動など地球に多大な影響を及ぼすと信じられている。 1982年春に各惑星が一直線に並び、地球に天変地異がおこるかもしれないというような内容です。 また2040年9月、2060年7月にも惑星の集合が見られます。

Next

明日は惑星直列の日?

B.地球から見てすべての惑星がほぼ同じ方向に並ぶ。 インドでは暴動までおこったとされています。 ただもうこれはオカルトから占星術から予言まで結構なジャンルが絡んできそうなので、立ち入るのは危険なにおいがプンプンします。 また月は無関係ですが現象としては派手で面白いと思います。 惑星の並ぶ順番はというと 水星ー金星ー地球ー火星ー木 星ー土星ー冥王星 そして、7月下旬に全ての惑星が勢ぞろいします。 に起きた例は、太陽から見て90度あまりの扇形範囲に全惑星が集まっていたものである。 惑星ひとつひとつが「音」だとしたら、惑星が重なることは「和音」。

Next

惑星直列(グランドクロス)とは!次回の周期や確率は?地球への影響も?

そう、まるでベートーヴェンの「運命」の始まりのように、私達の魂のトビラを激しく叩く、 惑星たちの和音が、いま太陽系には鳴り響いています。 これほど珍しい惑星直列が2020年に起こるのです! また、2020年は水星の逆行が3回起ります。 でも 木星 29年 と土星 12年 と火星 2年 と地球 1年 がうまいこと並ぶこと自体そんなに無さそうですね。 2010年8月5日 下の図は2010年8月に起こる現象を示しています。 太陽に影響を与えることがないのであれば 当然、地球にも何の影響もありません。 昨日、アメリカ建国記念日の2020年7月4日も一部で「惑星直列」と騒がれましたし、その一方で惑星直列ではなく「惑星勢ぞろい」だともいわれていました。 スイングバイで多少は方向の調節ができるとは言え、限度はあるので、結果的に打ち上げ時点では同じような方向に惑星が並んでいる状態が望ましいのである。

Next