logo

オーストラリア 電源 プラグ。 ケアンズ旅行準備!オーストラリアの電源プラグと電圧をチェック|アラサー系男子学

オセアニアのコンセント・電源プラグ・電圧

オーストラリアのコンセントはスイッチ付きが一般的 オーストラリアのコンセントはスイッチが一緒に付いているものが一般的です。 このように大容量の変圧器は値段が非常に高く、サイズも大きく、何より重いです。 オーストリアと同じプラグ形状の国 オーストリアと同じプラグタイプ・コンセントの形状を採用している国・地域はこちら。 国 プラグタイプ 変換プラグ 電圧 変圧器 周波数 A,B 必要 110~120V 必要 60Hz A 不要 120V 必要 60Hz A,B 必要 110V 必要 60Hz A,B,F,I O 必要 120V 必要 60Hz A,I O 必要 110V 必要 50Hz C,F 必要 220V 必要 50Hz C 必要 220V 必要 60Hz I O 必要 230~240V 必要 50Hz I O 必要 220~240V 必要 50Hz I O 必要 230V 必要 50Hz I O ,G BF 必要 230~240V 必要 50Hz I O 必要 240V 必要 50Hz I O 必要 240V 必要 50Hz 変換プラグ(アダプター)とは 変換プラグとは、Aタイプの日本とコンセントの形が違う場合に、電気製品側の先端とコンセントの間に付けるアダプターのこと。 オーストラリアのコンセントの形状 オーストラリアのコンセントの形状は、 ハの字の下に一本縦の穴がある「Iタイプ」です。

Next

オーストラリア留学中のパソコン必需品

:箱根ロープウェイ,芦ノ湖海賊船,箱根神社,箱根の展望台• 電源ケーブル途中にある四角い箱のような部分が変圧器の役割を果たしており、そちらへ240V対応と記載されていれば使用することができます。 オーストラリアの一般的なホテルではドライヤーが常備されていますし、部屋に常備されていない場合も受付で貸し出してくれることが多いですが、どうしても日本のドライヤーやヘアアイロンを持ち込みたい場合は、変圧器を購入・持参する必要があります。 成田空港ターミナル1 成田空港ターミナル1で変換プラグが帰るお店はラオックス成田空港ターミナル1店。 また、USBの差し込み口と、5タイプのコンセントに対応した差し込み口が2つあり、とても便利です。 出かける際はフル充電していくか、充電器を持ち歩く、もしくは他の場所で充電をしましょう。

Next

オーストラリアのコンセント・変圧器・変換プラグ(Oタイプ)についてまとめ|留学知恵袋2020|オーストラリア

Macの電圧 次にMacの充電器ですが、同じく「Input:100-240V」と書かれており、オーストラリアの電圧でも対応可能です。 もし、持っていきたい日本の電化製品がオーストラリアで使えるかどうか知りたい場合は、製品または充電器に書かれた 「入力」「Input」または 「AC」という項目を確認してみてください。 オーストラリアのO2タイプのコンセントにAタイプの変換プラグを装着することで日本の家電製品が使用できるようになります。 近所の家電量販店やアマゾンなどから購入が可能です。 対応しているかチェックするには、持っていく電化製品の「 入力」の値を確認してください。 日本の電源プラグを海外のコンセントに差し込めるようにするためのものが「変換プラグ(変換アダプター)」です。

Next

オーストラリアのコンセント形状とプラグ・電圧

国によって呼び名が違うのですが、オーストラリアではコンセントの差し込み口ことを「Power Point(パワーポイント)」と言います。 ちなみに、デジカメを持っていく予定ですが、バッテリーの充電器は大丈夫でした。 変圧器が必要なものは現地調達がおすすめ 変圧器が必要な電化製品は基本的に現地での調達がおすすめです。 日本の家電を海外で使うときは「ダウントランス」の変圧器を 変圧器には、電圧を下げる『ダウントランス』と、逆に電圧を上げる『アップトランス』の2種類があります。 プラグ形状はO2タイプ まず日本のコンセントは Aタイプという形状です。

Next

オーストラリア・ゴールドコーストのコンセントは、Oタイプ! 変換プラグは100均で購入がおすすめ

。 :SQL Server, Oracle関連• ちなみに、私が使用している変換アダプターは、タイプA、C、O、BF、SEの5タイプのコンセント形状に変更するこができ、電圧も240Vまで対応しています。 なので変圧器自体まったく必要性を感じていません。 【ゴールドコースト在住者執筆】オーストラリア旅行で使用する電源・コンセントのタイプ、電圧について詳しく解説! iPhoneなどのスマートフォンやカメラの充電をしたいとき、日本で使っているヘアアイロンを使用したいときなど、そのままコンセントにプラグを差し込むと、火事や感電を起こす危険性もあります。 (事前にホテルのサービスを調べることをおすすめします。

Next

オセアニアのコンセント・電源プラグ・電圧

海外に持っていくことが多い製品や海外向けにも作られている製品は、AC100~240Vなど幅広い電圧に対応している場合がある。 結構安く購入できますよ!どうしても持ち込みたいのであれば240V対応製品を用意するか変圧器が必要になります。 この分類は日本の電化製品で使われているもので、パナソニック、日立、シャープ、テスコム、コイズミなどで見られる。 そこで登場するのが 変換プラグです。 タコ足コンセントのタイプによってはUSB付きのものもあります。 また、電圧は220-240Vと日本より高いので(日本は100V)、対応していな家電をそのまま変換プラグを利用して差し込んでしまうと壊れてしまいます。

Next

オーストラリアの電源・コンセント(プラグ)事情

電圧が合わないプラグを使用する場合は、上記のような変圧器を購入しておきましょう。 ドライヤーやヘアアイロンの使用 日本製のドライヤーやヘアアイロンは基本的に日本の電圧になっています。 「変換プラグ」と「変圧器」の違い そもそも「変換プラグ」や「変圧器」って何?という人もいるでしょう。 そのため、iPhoneはどこの国で充電しても特に問題はありません。 気になる方は簡単な英語でスタッフに尋ねることができるので確認してみましょう。 また、変圧器を購入する際はワット数にも気をつけると良いでしょう。 稀に電圧が合わないケースもありますので、オーストラリアに持って行ってコンセントに差し込む可能性がある家電製品・充電器については、一度スペックを確認しておきましょう。

Next

オーストラリア電源プラグ

オーストラリア留学に、変圧器を必要とする電化製品を日本から持参する方はほとんどいません。 日本では通常120Vの電圧を利用していますから、オーストラリアと日本では基本的な電圧に大きな違いがあります。 持ち運びの便利な小さめの変圧器では消費電力が大きな電化製品を使用出来ないケースがほとんどです。 オーストラリアで日本の電子機器を使用するための変圧器は必ずダウントランス(降圧変圧器)を選びましょう。 まとめ 旅行先として有名なメルボルンですが、意外にも変換プラグの取り扱いは少ないです。

Next