logo

久保 メッシ 股 抜き。 久保建英はレアル復帰へ加速中? スペインメディアが予想する来季見通しは…

スペインで話題に!久保がメッシにかました「ナツメグ」とは?

1-4と劣勢のなかで迎えた後半7分、攻勢を強めるマジョルカが敵陣に侵入。 「信じられないことに、2019年バロンドール受賞者を抜いただけでなく、股抜きを決めた!」「1億3000万人の日本人が何度も見ることになるだろう」と大仰に伝えている。 恥ずかしいわ。 2004年に17歳でトップチームでデビューしてから通算16シーズンで公式戦731試合に出場し、クラブ歴代最多の634ゴールをマーク。 ・久保は股抜きを仕掛けたけど、メッシが足を閉じ、ボールがメッシの足に当たって、久保にはね返ってきたんだと思う。 マジョルカは3連敗。

Next

メッシに股抜きを仕掛ける久保建英(海外の反応)

海外メディアも久保建英のプレーに驚きと高評価で称える! ホンジュラスメディア「Diario Diez」は公式ツイッターでメッシを股抜きしたシーンに「冗談だろ…」と驚きのコメントを投稿すると、カンプノウで浴びたブーイングなどにも触れ「バルセロナの下部組織出身で、現在はレアルと契約しているタケフサ・クボがカンプ・ノウに舞い戻り、そして忘れられていなかった。 。 それでも少なからず自信を得たはずで、マジョルカのホームゲームでのメッシとの再戦も楽しみになった。 text by 編集部 外部サイト. しかし、いくつかの場面で自分の得意としている技を受けるのは避けられない」と記し、様々な競技で自分の得意技を相手に決められ、お株を奪われたシーンを厳選。 バルサ陣内で両チームの選手が競り合ったこぼれ球を拾った久保は、目の前にいたメッシの股間を抜くボールを通して前進。 1試合あたりのドリブル回数が「5. 新型コロナウイルスの影響で3月から中断していたスペインのリーガ・エスパニョーラは再開が決定。

Next

久保建英、メッシへの“股抜き”にスペインメディアも注目。「バロンドーラーを…」

ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。 ポイントが加算されるのは、 2記事目、 4記事目、 5記事目の記事となります。 久保は今年夏にバルサの宿敵レアル・マドリーに加入し、現在はマジョルカにレンタル中。 「最後に笑って終われればいいので早く降格圏から脱出したい。 でもメッシは足を閉じたから、通ったように思える。 当時、スペイン紙「AS」は「1億3000万人の日本人がループ再生する」と報じて衝撃ぶりを伝えている。 才能はある。

Next

久保建英、メッシへの“股抜き”にスペインメディアも注目。「バロンドーラーを…」

69分、一気のカウンターから右サイドを駆け上がり、D・オリヴェイラのパスを受けてエリア内に侵攻。 注目を集めているのは51分のプレーだ。 そのなかでスペイン紙「AS」は、久保がメッシに並ぶドリブルデータを残していたと紹介。 典型的だな。 4回」をマークし、久保とメッシがリーグ1位タイで並んでいる。 とりわけ反響を呼んでいるのは、メッシの股下を抜いてみせたシーンだ。 (バルセロナの左サイドバック)ジュニオルを大きく上回り、全てのカウンターをリードした」と評価。

Next

「残忍な股抜き」メッシの股下を抜いた久保建英の妙技が脚光浴びる

世界はメッシを賞賛するためだけに存在する。 そのなかでマジョルカとバルセロナの対戦にスペイン紙も注目。 あとは磨くだけ。 当時、レアル専門メディア「Defensa Central」は「メッシへの残忍な股抜き」と決定的瞬間を取り上げるなど、大きな注目を集めた。 アルゼンチン人FWがボール奪取を図った瞬間、久保が柔らかいタッチでボールを押し出し、メッシの股下にボールを通して抜き去った。 マジョルカは前半だけで4失点を喫するなど苦戦を強いられ、メッシにハットトリックを達成される屈辱を受けたが、一定の評価を受けたのが久保だった。 「マジョルカの試合そのものは、最高ではなかったと多くの人が言っているが、マジョルカに貸し出されたマドリーの若者は、メッシへの残忍な股抜きなどでインパクトを与えた」 さらにスペインの全国紙『AS』は、ドリブル突破の瞬間を捉えた動画と写真を掲載し、こう綴っている。

Next

久保建英はレアル復帰へ加速中? スペインメディアが予想する来季見通しは…

観客は終始ブーイングし、それに彼は応えた」と指摘。 「レアル・マドリードからマヨルカにローンされている久保武房が土曜日、カンプ・ノウの7万1000人の観衆の前でサポーターからブーイングを受けながらもバルセロナでのプレーを楽しんだ。 ・足の間は通っていないと思う。 スペインメディアでもそのパフォーマンスは高く評価されている。 去就話でも話題を提供する18歳の日本人アタッカーが、再び驚きを提供するだろうか。 「信じられないことに、2019年バロンドール受賞者を抜いただけでなく、股抜きを決めた!」「1億3000万人の日本人が何度も見ることになるだろう」と大仰に伝えている。 チームは2連勝を飾り、開幕から12戦負けなし。

Next

ECナビ

またしても趨勢を定めたのは、17歳のワンダーボーイだった。 そのなかでスペイン紙「AS」は、久保がメッシに並ぶドリブルデータを残していたと紹介。 そのこぼれ球を拾った久保が、敵陣中央でメッシと対峙。 マジョルカ、シーズン再開初戦で首位バルサと対戦 久保vsメッシの対戦シーンに言及 日本代表MF久保建英が所属するスペイン1部マジョルカは、6月13日に再開するリーグ戦で首位バルセロナと対戦する。 シティとPSGが最も資金が潤沢だが、おそらくはシティだろう。

Next