logo

ひたちなか 海浜 鉄道。 ひたちなか海浜鉄道 湊線 平磯~磯崎 新駅は美乃浜学園駅に

車両情報

「湊線、三セクで存続決定 ひたちなか市と茨城交通が共同出資」東京新聞 TOKYO Web 2007年9月28日• この車両は平成21年(2009年)のデザインコンテストで最優秀賞に選ばれた「曙光の大地」の塗装で平成22年(2010年)2月14日から運用されています。 es5. 東武鉄道より導入したが、機械扱いで留置されたままである。 路線データ [ ]• osSnbLQe. es5. 2 39. その難問は、ひたちなか海浜鉄道に突きつけられた新たな課題といえる。 大丸屋にある芋のジェラートアイス 暑い夏なんかにはかなり売れそうです。 es5. 201, 202は部品取り用らしく、営業運転の予定はないとか。 8 1981年(昭和56年) 36. 3 37. 那珂湊駅は立派なバリアフリー対応駅に生まれ変わった。

Next

「ひたちなか海浜鉄道」に関する鉄道イベント情報

4月5日なので、まだ桜が咲いています。 es5. 4 2,691 0. zzNgTirK. 4 47. es5. tyKNgLGL. FCaHDusu. es5. BrQe3f34. 本当に広々と開けた大地を走ってゆきます。 es5. 4 3. 2018年10月13日(土)• 5 53. 現在は国鉄急行色。 交友社 2016年10月16日. es5. 2019年12月6日閲覧。 0 1996年(平成8年) 18. 画面左には自動車が見えますし、画面右の外側には住宅街があるのですが、こんな感じに撮影するとまるで北海道のローカル線の様な雰囲気です。

Next

ひたちなか海浜鉄道湊線

es5. キハ37100-03を先頭にした2連。 es5. es5. jdbERE2S. 8 0. es5. es5. 国鉄の類似車。 es5. 表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。 es5. 大丸屋で食べたジェラート・アイス ダブル 370円 殿山駅 那珂湊駅を後にし向かったのは隣の殿山駅。 es5. 気まぐれに鉄子になる程度の自分ですが、 いろいろ勉強させていただきたいです。 ケキ102が転属してくると主役の座を明け渡し、1990年3月6日付けで廃車となった。 3kmを結ぶ非電化路線です。

Next

二度目の正直【私鉄に乗ろう99】ひたちなか海浜鉄道湊線 その1

。 2ybgZwwv. -CCAx335. 7 29. 8 196. から転属。 OW995nJg. 新駅設置計画 [ ] 平磯駅 - 磯崎駅間にを設置する計画があり 、2021年3月までの開業を目指すと報道された。 5CKgOkh1. es5. 」 土屋「さっき通り過ぎた小さな鉄橋だよ。 (国立国会図書館デジタルコレクション)• 昭和44年留萌鉄道より購入。 BrQe3f34. es5. es5. es5. 8AcRuGMp. 日本初の製気動車で、新潟鐵工所が試作的に開発し、海浜に近い条件の湊線に入線したものである。 地元や行政の支援体制も万全で、ひたちなか市の人口は16万人、水戸市で20数万人と潜在需要も大きい。

Next

「ひたちなか海浜」赤字路線脱し驚きの延伸へ

uq6wSQEG. ちなみに湊線を使ってここ勝田駅から終点の阿字ヶ浦駅まで行くと570円です。 es5. es5. xIUCfRMW. プレスリリース , ひたちなか海浜鉄道, 2014年9月9日 , 2014年9月10日閲覧。 es5. 元国鉄のラストナンバー・キハ20-522で、(JR西日本)からを経て、1996年1月28日に入線し、同年8月にワンマン改造を実施している。 全列車が各駅停車である。 es5. 許可をいただいて前面展望の撮影をしながら阿字ヶ浦と往復します。

Next

二度目の正直【私鉄に乗ろう99】ひたちなか海浜鉄道湊線 その1

y8u4fftN. 5 53. es5. q32MKsHi. es5. es5. es5. 8 58. es5. yQJYQxEr. 昭和37年に富士重工で製造された車両。 現在駅のバリアフリー対応工事が進んでいる。 XwpRFPAa. 2月1日 - 全面廃止• es5. es5. es5. キハ201 - 204の4両が在籍したが、冷房が取り付けられていないこととワンマン化改造がなされていないためまでにすべて廃車になっている。 車内に地元のお母さんが小さなお子さんを連れて乗っています。 交友社 2016年10月19日. es5. 茨城新聞クロスアイ 茨城新聞社. 0 149. AwLZyzWc. プレスリリース , ひたちなか海浜鉄道, 2015年12月30日 , 2015年12月30日閲覧。

Next