logo

中国 コロナ 終息 嘘。 新型コロナウイルス終息で生まれる「ノーモア中国」 (1/2)

「世界は中国に感謝を」 中国が新型コロナ感染防止の“救世主”に?の皮肉 中国は”世界を救う大国”アピールを始めた

348件のビュー 2020年5月31日 に投稿された• 李医師が亡くなると李医師への同情の書き込みが殺到したこともあり、党中央は中国全土からサイバー戦部隊を武漢市などに送り込み、メールの書き込み、その他のインターネットの監視、当局にとり不都合な書き込みの徹底削除に乗り出した。 新型コロナウイルスの感染者数も死亡者数もSARSを上回っている。 駐在員もようやく極度の緊張から解放されて一安心ってところですが、まだ油断はできません。 民主主義国家ではないので、中国共産党の政権が崩壊すれば、政権交代ではなく、「国家が崩壊する」。 同医師は、武漢市では引き続きコロナ19の患者が発生しており、今月10日、習近平国家主席の武漢視察に合わせて、まだ症状が残っている患者の多くを隔離状態から解いたと明らかにした。

Next

新型コロナ「中国生物兵器説」がこれほど拡散された理由。新興宗教「法輪功」など反中勢力が暗躍

12月8日には最初の患者発生が世界に報じられた。 小国に圧力をかけて入国規制を解除させるなんてことをしないことを願うばかりです。 武漢市からの生の火葬場からの現場責任者の2月20日頃のユーチューブを通じたビデオ報告によれば、武漢市の7から8カ所の火葬場は1月20日頃から24時間のフル稼働を続けており、平常時の3から4倍の遺体を処理していると発言している。 nhn? 中国では2月4日くらいから、各地一斉に合わせたように感染者が減ってきて、今や武漢以外はほとんど患者が出てないレベルです。 食文化は文化なのだから、他国が口出しすべき事ではないけれど、やはりどう考えても、「ゲテモノ食い」には危険が伴うと私は思います。 党は人事について、「感染対策における湖北省のリーダーシップを考慮して決定した」と説明。

Next

「世界は中国に感謝を」 中国が新型コロナ感染防止の“救世主”に?の皮肉 中国は”世界を救う大国”アピールを始めた

李克強首相は、1月27日に武漢市に入り、陣頭指揮を執った。 しかし武漢市当局の虚偽報告は、1月19日に浙江省で患者が発生することにより、暴露されることになる。 感染していても自覚症状のないまま、接触した者に感染を広げる、感染拡大を阻止しにくいやっかいなウイルスであることが、この時点で明らかになっている。 そんな中国とは真実をあまり伝えると言う事はしません、なので今回の様な世界的に影響を与えた根元の真実を言うとも思えません。 火葬場の稼働状況から見て、武漢市だけで公表数の約10倍以上に当たる数の人が亡くなっている可能性がある。 火葬場からの報告によれば、遺体のうち、3分の1が病院から、残りは各家庭からの遺体とされている。

Next

中国の新規感染者「ゼロ」は嘘だ!!武漢の医師が防疫当局の発表を「詐欺・捏造」と内部告発!!

なお、ユーチューブには、習近平氏の武漢視察の前日、同市を事前視察に訪れた党要人の視察団に対し、四周のアパートから「すべて嘘だ」と叫ぶ声が浴びせられているビデオが流されていた。 この風習が日本人の短所であり長所。 武漢で前線の指揮を執る孫春蘭副首相ら「中央指導組」は5日、食料や医薬品の配給状況を聞くため、市内の高層マンションが集まる地区を視察した。 ただし、一般的には生物兵器とする細菌、ウイルス、毒素などは、強毒性で狙った目標のみに即効性があり、制御可能なものが選択される。 の医師達は、昨年の11月頃から異変に気付いていたという事は、中国では昨年の秋ぐらいからすでに、コロナに感染した人達が存在していたという事になります。 杜祖健(アンソニー・トゥー)氏をゲストに迎えたインターネット番組。

Next

新型コロナ:中国で終息の嘘と2次感染の危険性(JBpress) 危機管理の初動対処にとり最も大切な要件…|dメニューニュース(NTTドコモ)

新型コロナウイルスの終息には、それ以上の期間がかかることは明白である。 WHOと中国の関係性まではさすがにわかりませんが、今回は数字的なものを参考に中国の発表数が本当に正しいか、ウソなのか検証していきたいと思います。 世界から見ると常識外れ 東洋的な発想法において、こういう中国式の傲慢な対応は御法度である。 火葬場の稼働状況から見て、武漢市だけで公表数の約10倍以上に当たる数の人が亡くなっている可能性がある。 そこで鍾南山のアドバイスと提言を最大限に活用しながら、「それはこの俺が決意し断行したことだ」と「他人の業績を自分のものとして自慢している(摘桃子)」わけだ。

Next

全部ウソだ!武漢市民が罵声 中国「やらせ視察」に批判 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

中国は、命をかけて不正を暴こうとする良識人がいるけど、 日本は、オリンピックの為に一丸となって不正を隠蔽しようとしている。 週刊東洋経済編集長、取締役編集局長、主幹を経て退社。 米国による専門家の調査団派遣要請も拒絶されている。 しかし、湖北省、特に武漢市のコロナに対する「ハイレベル専門家チーム」はあくまでも臨時的な組織で、その役割は終わったというだけのことである。 これが開催不能状態では、今年の経済政策も決められない状態である。

Next

なぜ中国政府は新型コロナを世界中に広めた責任を認めないのか 全人代の「新規感染ゼロ」というウソ

今の中国の現状は、海外のマスコミが全くいない、武漢は幹部の総入れ替えで習近平の 子分が占めている、そして隣の深圳には感染者がいないという。 また中国当局は春節後、できるだけ早期に民工などを職場に復帰させあるいは臨時工を雇わせて、武漢などの企業の就業再開を急がせている。 8割9割事実なのでしょうし、ああ中国さん本当に、、、と思わずにはいられません。 これは「財新」渾身の調査報道だ。 例えば中国で起きている事故や不祥事は日本では普通に公開されていたりしますが、中国では放送禁止レベルらしいです。

Next