logo

コロナ ウイルス 渡航 制限。 新型コロナウイルスについて

【6月5日更新】【重要】インドネシア入国・乗継制限に関しての情報|バリ王

旅行者への情報: 新型コロナウイルス(COVID-19)とは: ハワイ州保健局: 外務省(海外安全ホームページ) 厚生労働省 イベント開催状況及び商業施設・アクティビティ営業状況について ハワイ州では、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、ハワイで開催されるイベントの延期又は中止、商業施設の一時休館や営業時間の変更などが生じている場合があります。 すでに入国が制限されている国 中国、イラン すでに多くの感染者が報告されている中国とイランは入国停止措置の対象国となります。 また、現在、ハワイでの濃厚接触者は特定されていません。 6月15日から,欧州(EU加盟国,アンドラ,アイスランド,リヒテンシュタイン,モナコ,ノルウェー,サンマリノ,スイス,バチカン及び英国)から渡航する人々は,入国可能となる。 すべての市民および渡航者は公共の場においてマスクまたは布マスクの着用を義務付けます。

Next

新型コロナウイルス感染拡大に伴う各国の入国条件変更状況について

今回の発表は、3月8日にハワイで発生した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の2件目の症例に続くものです。 ・医療機関や保険会社、旅行会社へ相談をしてください。 ニューヨーク市は6月8日、約2か月半ぶりに経済活動を再開。 ハワイ州へ到着後、パスポートや身分証明書と共にSafe Travels Systemの登録完了画面とハワイ農務省発行の書類を提示します。 ロードアイランド州 : 16,661人• また、クルーズライン国際協会 Cruise Lines International Association は、新型コロナウィルス感染拡大を防ぐため、3月14日から米国から出港するクルーズ船に対して30日間停止要請を行うことを発表しました。 既に各国に滞在されている方々は,各在外公館ホームページ,各在外公館から届くお知らせ等を随時確認し,最新の情報を入手してください。 オハイオ州• 内容は外国人を含む市民に対して自宅学習の励行、就労活動の制限、宗教及び社会文化活動の制限、公共の場における活動制限等の社会活動の制限を要請し、早期収束を目指しております。

Next

【6月5日更新】【重要】インドネシア入国・乗継制限に関しての情報|バリ王

現在オアフ島の自宅にて療養中。 本件措置の中には,以下のとおり査証の制限等の措置が含まれています。 今回の共通リストの候補に日本は含まれてはいるが、EUでは渡航規制解除の条件に、その国の感染状況が落ち着いていることに加えて、EU加盟国からのその国への渡航が認められていることも基準になるとしている。 「世界の工場」として発展してきた中国が最も重視するのは、国際産業チェーンやサプライチェーンの安定だ。 ・気分が悪いと思われる人との密接な接触を避け、個人的なものの(タオル、箸、スプーンなど)共有を避けてください。

Next

法務省:新型コロナウイルス感染症に関する取組及び渡航自粛の要請について

ルイジアナ州• JL006 : 月・木運航• 商用目的で入国する外国人で14日以内の滞在の場合,空港もしくは指定される施設での検査となる。 ルクセンブルク• JL012 : 月・木運航• 国土安全保障省長官宣言 3月14日の時点で、米国に入国する14日以内に次の28のヨーロッパ諸国のいずれかに滞在した渡航者は、米国に入国することができません: オーストリア、ベルギー、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン 、スイス、イギリス *永住者、米国市民の近親者には適用しません 詳細はこちら: 疾病管理予防センター(CDC)によるハワイ州から他国・地域への渡航注意レベル レベル3(渡航は止めてください。 ニューヨーク州• 現在、米国内の新規感染者数や死者数は減少傾向にありますが、経済再開の目途は各州の知事の判断に委ねられており、規制緩和の内容は州ごとに大きな差があります。 ):その他の国 レベル1(十分注意してください。 ユタ州• ネバダ州• すでにお申し込みをいただいているお客様へは、各国の渡航制限などによる、留学の中止や時期の変更などについて、個別にご案内をさせていただいております。 詳しくは各航空会社ホームページにて運航状況をご確認ください。 )から入境する場合は,入境後5日間防疫ホテル滞在後,PCR検査を受け,結果陰性の場合,入境後21日間の自主健康管理(注)への変更申請が可能となる。

Next

【6月5日更新】【重要】インドネシア入国・乗継制限に関しての情報|バリ王

感染者はハワイ在住者であり、グランドプリンセスクルーズ船に乗船中、感染した可能性があると推測されています。 ハワイ州は感染防止対策への呼び掛けを行っています:• 新たな感染者情報: ・コロラド州へ訪問していたハワイ在住者がオアフ島に帰宅後、3月9日に発症し、現在自宅にて療養中。 EUへの入域制限に関する欧州委員会の提案に従い,非EU市民,非EFTA市民,非英国市民のEUへの入域を制限しています。 米国市民に対する全ての業務は新たな公証業務の予約受付を除き通常通り行います。 状況は日々変更となる可能性があるため、予め各社へご確認の上、ご訪問されることをおすすめします。 香港では,関連法令に基づきしかるべき検査や治療・措置等がとられることになるため,医療機関や当局の要請,指示に従ってください(協力しない場合,罰金5,000香港ドルまたは禁固6か月が課されるおそれがあります)。 詳細は、ウェブサイトをご覧ください。

Next

新型コロナ、続く渡航制限で離ればなれの家族 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News

カナダ 例外的に入国する全ての者に対し,症状の有無にかかわらず,宿泊先又は指定の施設での14日間の自主隔離を義務付ける。 1月に中国で感染が確認されてから、5月余りで世界187の国と地域へ感染が拡がり、累計死者数は50万人に迫っている。 概要は以下の通りです。 これにより米国とカナダの往来は基本的に禁止となりますが、国境付近の市民や企業の通勤・通学、ビジネス、緊急の要件は国境閉鎖の対象とせず、従来通りの往来が許可されます。 1日も早く終息し、皆さまをお迎えできるよう準備を整えて参ります。 ・7月1日からは,以下の22カ国との往来が可能となります。 カナダと米国、メキシコと米国の国境閉鎖は5月20日頃まで続く見通しですが、状況により更なる延長も予想されます。

Next

新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の強化:査証の制限等について|外務省

サウスカロライナ州• 合意すれば夏にも緩和する。 (参考:電子リストバンド) (イ)強制検疫の場所(上記書類に記入。 本件措置の対象国(注)から日本への渡航を検討されている方は,随時確認するようお願いいたします。 延長は両国の同意に基づいている旨を強調し、両国民の安全を守るために必要な判断であると述べました。 かかりつけ医にご相談ください。 マハロ デイビッド・イゲ州知事が、8月1日より州外の旅行者を対象とする事前検査プログラムについて発表(2020年6月24日) デイビッド・イゲ州知事は6月24日に記者会見を行い、ハワイ州外からの旅行者を対象としたCOVID-19事前検査プログラムを8月1日より開始することを発表しました。

Next

新型コロナウイルス感染症について

本件に関する詳細はの記事をご確認ください。 (グアム) 3月31日から,原則として,グアムに空路及び海路で入国する全ての者に対し,グアム政府指定の施設において14日間の強制隔離が行われる。 しかしその後、中国側がアメリカの航空会社の運航再開を容認したとして、米国運輸省は禁止措置を一時撤回し週2便に限り運航を認めると発表しました。 低リスクと判断された場合,行動制限範囲内のホテル・リゾートに向かうことが許可される。 国土安全保障省長官宣言 3月11日の時点で、米国に入国する14日以内に次の26のヨーロッパ諸国のいずれかに滞在した渡航者は、米国に入国することができません: オーストリア、ベルギー、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、イタリア、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン 、スイス *永住者、米国市民の近親者には適用しません 詳細はこちら: 疾病管理予防センター(CDC)によるハワイ州から他国・地域への渡航注意レベル レベル3(渡航は止めてください。 現時点(2020年2月21日)では、ハワイ州での新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者は報告されていません。 ジョージア州• 現時点では、ハワイでは長期にわたって密接な接触をしている人は特定されていません。

Next