logo

インド 14 歳 少年 コロナ。 新型コロナウイルスに続きがあった。2020年12月20日~3月までの恐怖と対策。インド人預言者と大日月地神示がリンクしている。

インド:少年預言者 今年12月に新たな大惨劇が!

ということはやはり、 コロナ収束時期は自分達次第ということなのではないでしょうか? 自然を壊しあぐらをかいて生きてきた人間の生き方を根本的に変えることが早急に必要だと思われます。 本当に、スーパーバグは来るのか、私もそのうち占ってみたいと思います。 脂っこいものやお酒を毎日のようにたしなむのではなく、健康的な食事を取り入れてみる。 地球は降伏する事しかできなくなり 宇宙人に地球を明け渡す覚悟を決め、条約を結びました。 だから、最も大事なのは、体の免疫力をあげることだ。 このウイルスがコロナが毒性を強めたのか、新種の別のウイルスなのかははっきりと名言されていません。 検証した結果、コロナウイルスについても言及していました。

Next

やはり秋から第三次?大惨事? 『アビギャ・アナンド君』『2020年12月20日』『9月と11月』『食糧危機』

日月神示(ひつくしんじ)(ひつきしんじ)は、神典研究家で画家でもあった岡本天明さんに「国常立尊」と呼ばれている高級神霊が降り、神示を自動書記によって記述したとされる文書。 ニューデリー警察の幹部によると、2人に面識はなかった。 今の世の中の流れをみているとこれはほとんど当たっているといえそうですよね。 るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:). 特に最近だと航空サービスが次々と破産申請を出しています! 必ずや終息とありますが、確かに終わりは必ず来るので焦らず待ちたいところですよね。 子ども達も我慢我慢の日々です。 全ての人類が心から覚醒してようやくこの疫病を乗り越えることができる。

Next

インドの少年占星術師アビギャ・アナンドって何者?コロナ予言と今後が衝撃的

そしてわかることならコロナ収束時期も知りたいところです。 (中略) 彼の占星学的な理解によれば、5月29日、この惑星の配列は変わり、もっと治癒に適したものになるという。 このスーパーバグは驚異のウイルスであり、第1回目はSARS、第2回目は新型コロナウイルスの変異、第3回目がスーパーバグである。 自分を生かしてくれるものへの感謝• そして日本の航空会社にもダメージは大きく、この状況が 仮に1年続いたとすると全体の減収額は2兆円に上ると言われいるようです。 だから、こんな奴の感染経路なんて分からない確率は高いであろう。 私が改まって書くまでもなく経済にも大きな打撃を与えています。 今回のようにいきなり自粛が始まりリセットされた状態で新たな生活スタイルを続けるか、または今までの生活に戻してしまうかで未来が変わってくるという考えなのだそう。

Next

インド少年がコロナ騒動予言的中! もっとヤバい“スーパーバグ”とは!?

日本と違い現地では子供でも多剤耐性菌に対する認識は持っているのではないか。 下記のタイトルを押して下さい。 ご覧になった方も多いでしょう。 odiabu. 特にウコンは免疫力アップにおすすめだそうだ。 2006年2月4日、巨大掲示板群2ちゃんねる 現5ちゃんねる のオカルト板で、画像のURLとともに「絶対に見て... 2019年8月22日投稿の動画「2019年11月~2020年4月の危機」で世界を脅かす災難が2019年11月中国からウイルスパンデミックが発生し、3月~4月ピークに達し世界は非常に困難な時期を迎える。 以下略 での第2波は第1波の致死率の約10倍だ。

Next

インド人14歳少年の預言が的中して世界で話題

元記事: 2019年の8月22日に、14歳のAbighya Anandは、彼のユーチューブチャンネルで、2019年11月から2020年の4月まで、世界は厳しい状況(tough phase)に入っていくと予想していた。 Sponsored Links インド人少年アマンド予言の内容を調査! 都市伝説にゲスト出演したのが、 人気タレントのマツコ・デラックスさんですよね! 普段朝しかテレビ見ないけど、マツコの知らない世界に山口敏太郎さんが!これは観ないと😺 マツコさん、都市伝説とかも好きなんだよな。 その内容は、「2019年末からウイルスパンデミックが発生し、3月29日から4月2日かけて状況が悪化していき、5月29日に収束する」というものだった。 オカルト中のオカルトなんですけど、話を聞けばきくほど 本当かもしれないって怖くなりますし 関さんの語りにも説得性が増すというか、信じてしばうと断然怖いなというのが感想です。 だから、最も重要なことは、有機野菜を食べることで、私たちの免疫力を開発することです」(アナンドくん) アナンドくんの考えでは、今後のウイルスパンデミックを生き抜いていくためには、根本的な免疫力を向上させる以外方法がないとのことだ。

Next

コロナの第二波はいつ頃来る?このやばい予言をあなたは信じる?

この六ヶ月の間に世界的な疾病が広がり、緊張が高まる。 ことの発端は、彼が2019年8月22日に投稿したYouTubeからでしたが、これをアメリカのオンライン紙「International Business Times(4月4日付)」が取り上げたことにより世界的に有名になったようです。 3 人気記事(過去1ヶ月)• 、スーパーパグ(耐性菌)というあらゆる治療薬が効かない細菌だそうです。 そして助かる方法がただ一つあるといい「根本的な免疫力を向上させるのみ」ということです。 5月末から収束していく、というのも確かに今までの流れを見ているとそれっぽいです。 ここまで的中すると、事前に何かしらの情報を知っていたのではないかと疑ってしまう。

Next